美顔器を使ってる人とそうでない方に違いはあるか?

ものすごくシュールな質問になるかと思いますが、人の肌は十人十色、生活環境もそれぞれですので簡単に答えを出すことはできません。

同じ体質で、環境も年齢も全て同じというのなら、「差」は出てくると思います。

でも現実問題として、そのような事例はほぼないといってもいいでしょうし、同じ親から産まれた姉妹でも肌質までそっくりということは「殆ど無い」と言っても過言では有りません。なぜなら、両親のどの遺伝子を受け継いだのか、また、同じ食事・環境・ストレスの度合いの違いは自然と出てくるからです。

同じ環境なら違いは歴然

睡眠時間・ストレスの感じ方・食事の内容・生活環境・肌質

全てが同じであるなら美顔器の使用法で違いが出てくるかもしれません。

どちらかが美顔器を使ってなかったとしたら肌への効果は歴然でしょうし、肌への取り組みを白い紙に書いてみても違いは明らかに違うのです。

同じ年令でも環境と意識によって違うから

同級生でも十年以上経つと肌ツヤの差が出てきます。

生活環境以外に違うことがあるとすれば、「美」に対しての意識が異なってくるからだと思いますが、紫外線を浴びがちな仕事をしていても気を使ってされいれば肌の美しさを維持することは可能です。

どれだけ努力をするかによって変わるのです。

環境と美顔器について

環境と意識によって肌の美しさは変わります。

環境が悪くても肌を美しく保っている方もいますが、その方は自身が置かれている環境で肌になにが悪いのかを知っています。

例えば紫外線やストレス。

それによって発生するのは活性酸素で肌の老化を促進させるものですが、美顔器を使用することによって大量消費される成分をビタミンC誘導体やその他の美容成分で効率良く浸透させています。

活性酸素で大量消費される成分の代表格はビタミンCですが、水溶性であるため肌からは浸透されません。そのため誘導体という形で化粧品などに使われているのです。

肌の構造からしても「水分は吸収されにくい」という特徴を持っていますが、バリア機能によってそれが実現しています。顔を洗ったからといって水分が吸収されることはないですよね?

水溶性の美容成分も肌に浸透しやすい形に作り変えること、また美顔器導入でさらに浸透しやすくすることで潤いを得ることができるのです。

美顔器を使っている方居ない方、そのへんで差が出てくるかと思います。

同じ環境下、肌質ならその違いは歴然といってもいいのです。
詳しくは、リファの口コミで。